Click for 香港, Hong Kong Forecast

不動産

概要

  

多くの駐在員は香港島に住んでいます。
主な住宅街は康怡花園/コーンヒル、寶馬山/ブレーマーヒル。
理由として日本人学校のスクールバスの都合、
会社への便があげられます。駐在員は交通費が出ますが、
現地採用の場合基本的に交通費が出ません。
香港の交通機関は海を越えると極端に運賃が変わります。
また日本語で対応出来る病院があるのは香港島側だけです。
欧米人の多い愉景湾(ディスバリーベイ)は環境もとても良く、
空港開港に伴い交通の便も格段によくなりました。
ゆとりのある人にはぜひ御薦めします。
九龍サイドは範囲が広いので一概には言えませんが、
強いていうなら日本人が多いのは藍田、紅磡。
中でも半島豪庭/ロイヤル・ペニンシュラ)、
黄埔花園/ワンポアガーデン、海逸豪園/ラグナ・ベルデには
駐在員が多く住んでいます。

また築年数の古い俗に唐樓と呼ばれる物件はエレベータ−もなく住むには現実的ではありません。

 
 

値段の目安
 香港の住宅相場はとにかく高いです.
 簡単に言えば標高の高い山頂が最高級.
 ミッドレベルがその次に高い値段がついて
 最後に海沿いという具合に値段が下がります.
 地区で言うと香港島>九龍>新界という順番に.
 広さは部屋の総面積(トイレなど含む)表示.

 具体的な値段を列記します.(2007年度10月)
 銅鑼灣駅 79年築 HK$9800 Studio33平米
 湾仔 駅 02年築 HK$14000 Studio38平米
 湾仔 駅 90年築 HK$27000 1Bed90平米
 太古 駅 02年築 HK$13000 2Bed63.9平米
探し方
 エイブルなど日系企業も多く進出しています.
 日系の不動産屋さんはサービスはいいのですが
 高額物件をメインに取り扱っているので
 留学生や現地採用で行く場合には
 現実的でないです.
 留学生の場合でも学校サイドで
 住居の斡旋はあまりしてくれません.
 地下鉄駅においてあるフリーペーパーなどで
 ルームメイトやアパートを探しつつ,
 みつかるまではゲストハウスなどに
 ステイするのもよくある事です.
 現地の不動産屋で有名なのは
 Century21や中原地産.
 いずれも住みたいエリアの不動産屋にいくのが
 一番の早道です.